日本の医学用語はクランケ(患者)、カルテ(記録カード)、ムンテラ(問診)、などのドイツ語が基本です。

日本の医学用語はクランケ(患者)、カルテ(記録カード)、ムンテラ(問診)、などのドイツ語が基本です。
元々ドイツの野戦病院での医療が日本の医学のお手本です。
その西洋医学の本拠地であるドイツではサプリメント、健康食品は医学の必須科目だそうで、実際はガン患者の70%はサプリメントを使っているそうです。
英国オックスフォード大学の「コンゴロジー(腫瘍学)」という教科書には、ガンなどの治療としてサプリメントの章があるそうです。
現在の西洋医学の本拠地はアメリがですが、医療の最高府NIH(国立衛生研究所)では、年間400億円の予算を投じ補完代替医療局を置いて研究、ハーバード大学などの世界的なトップ大学にて臨床研究を行っています。
そこでは「サプリメントは最重要と考えている!」とのことです。
一方日本では、程遠い現状ではないでしょうか。

現代の食事からは良い栄養が摂取出来ないので、時にはサプリメントが必要な場合もあると思います。
サプリメントは合成のモノは肝臓に負担をかけたり、癌にさえなる場合もあります。
選ぶなら天然のモノのみで作られたものにしたいです。

関連記事

PAGE TOP