今日は冬至ですね(*^o^*)

今日は冬至ですね(*^o^*)
冬至で食べる食べ物の中で一番有名なものは「かぼちゃ」だと思いますが、こちらも運盛りとして食べられていたものです。
かぼちゃは異名を「南京(なんきん)」といい、「ん」のつく食べ物です。さらに陰(北)から陽(南)へ向かう事も意味している為、縁起もよいとされていました。
かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存がきくため、冬に栄養を取るのに最適な食べ物でもあります。
かぼちゃは栄養面でも優れていてビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)の予防にも効果的でした。

そして冬至にゆず湯に入ると風邪をひかない」という言葉がありますが、冬至にはなぜゆず湯なのでしょうか。
いくつか説がありますが、まず一説に運を呼び込む前に身を清める為という説があります。
昔は強い香りの元には邪気が起こらないと言われており、冬が旬の柚子は香りも強く身を清めるのに最適だったようです。
寿命が長く病気に強い柚子(ゆず)の木にならって、ゆず湯に入り無病息災を祈る風習になったとも言われています。
実際ゆず湯には、血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防するといった効果もあるようです。
また、冬至=「湯治」、ゆず=「融通がきく」と言ったゴロ合わせで融通がきくように、という説もあるようです。

カラダを温めて温活してくださいね^_−☆

#冬至
#ゆず
#かぼちゃ
#温活
#温熱イオンルーム
#安倶楽

関連記事

PAGE TOP