ケトン体は胎児や授乳中の赤ちゃんの大切なエネルギー源となっています。

ケトン体は胎児や授乳中の赤ちゃんの大切なエネルギー源となっています。
人間の体の仕組みにおいて、細胞内のミトコンドリアでエネルギーに交換されるものはブドウ糖とケトン体の2種類なのです。
離乳食が始まって炭水化物を摂取し始めるとブドウ糖を使ったエネルギー回路が中心となるのですが、胎児と授乳中の赤ちゃんは、胎盤や母乳から供給される脂肪酸をケトン体に変えてエネルギーにしています。
妊娠中から授乳中のお母さんは良質の脂質をせっしゅする必要があるのですが、それにいちばん適しているのがココナツオイルであると言われています。

#ケトン体
#授乳中の赤ちゃん
#胎児
#ココナツオイル
#温熱イオンルーム
#安倶楽

関連記事

PAGE TOP