油には脂肪酸の種類によって「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分けられます。

油には脂肪酸の種類によって「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分けられます。

まず「不飽和脂肪酸」についてですが、オメガ3の他にオメガ6、オメガ9があり、オメガ6はコーン、大豆油、ゴマ油等の植物油やサラダ油が代表的です。
私たちの身体はオメガ3とオメガ6の摂取する割合として1:1〜4が良いと言われていますが現状は1:10程度となっており、オメガ6の摂取が過剰状態です。
なぜなら加工食品に使われている油のほとんどがオメガ6で、現代の食生活では意識しなくても容易にオメガ6を摂取できてしますので、細胞膜に炎症を起こしたり、神経細胞が正常に働かなくなったり、子供達の脳の働きを悪くする危険があります。
ファーストフード、スナック菓子、マヨネーズなど成分表中にかっ植物性油脂」と、書かれていれば、そのほとんどなので気をつけましょう。

次は「飽和脂肪酸」についてです。

関連記事

PAGE TOP